コラム(?) マインドセット 副業

【朝礼にモヤモヤ】会社の朝礼にモヤモヤする人の解決方法 サラリーマンの持つ違和感

副業ブログに、自作のkindle本を活用して、もっと良い感じにしたいナー!

という人を応援している、あっこです。

 

「いつも会社の意味不明なことに、モヤモヤするのに忙しいから、電子書籍どころではないッス!」

という人も応援しています。

 

会社の朝礼ってナゾ。

私は会社員です。

毎朝、感じてしまうナゾ! 

1.何のためにやっているのか、目的と必要性がわからない。

2.得るものがない日の方が多い。

3.自分だけではなく、他の人の効果も見受けられない。

そう思ったことはありませんか?

 

この朝礼という儀式について、今まで感じてきたことと、どのような解釈と理解をすれば、スッキリするのか。

いつも朝礼にモヤモヤしている人のために、

お役立ていただけることがあったら嬉しいです。

 

朝礼にモヤモヤする。

私の勤務する職場では、毎朝、朝礼というものがあります。

その朝礼に対して、私は何年も何年も、モヤモヤとしていました。

前述のとおり、ナゾがとても多いんです。

 

朝礼に参加するメンバーと環境は、こんな感じです。

・朝礼に参加する職場のメンバーは、10名くらいで、全員にパソコンが貸与されています。

・社内のスケジュール管理は、Googleで一元管理しています。

お休みの人・外出予定・来社予定・納品予定・各種帳票・営業車の使用予約・会議の予定

などなど、そこを見れば、様々なコトを知ることができる環境です。

・職場のメンバー全員に、それを見ることと、管理もできるアカウントが付与されています。

そんな中で、毎朝行われる朝礼の内容は、こんな感じです。

毎朝コレ。

1.Googleに登録されている、お休みの人の発表。

2.Googleに登録されている、外出・来社予定の発表。

3.Googleに登録されている、その他の行事や会議の発表。

4.その他に連絡がある人の発言。

こんな流れです。

メンバー全員が、各自でパソコンのGoogleを見ながら、発表する人の話を聞いています。

その他に補足がある時には、挙手をして、連絡をする人のお話を聞きます。

その連絡は、

「外出予定でしたが、明日になりました。」

「昨日はお休み(有給)をいただき、ありがとうございました。」

といった内容が多いです。

 

どこの会社にも、朝礼があるワケでもないと思います。

そして、同じような内容でもないと思います。

これが一般的とは、正直、思いたくはないのですが、もしも似ている環境の人には、よくわかってもらえるかと思います。

私がしてきた行動と解釈について、共有させてもらいますネ。

 

第1段階 朝礼を無くそうとした。

「こんなの必要ない! 無くしてしまおう!」

当時、異常なくらい執拗に、朝礼に嫌悪感を抱く時期がありました。

今思えば、忙しすぎる業務に疲れていたのか、本当に自分自身の方がちょっと、おかしかったのかもしれません。笑

 

ちなみに、当時の早出と残業時間は、100時間を超えていました。

有給休暇も、よほどのことがない限り、取ることはできませんでした。

 

任せていただいている仕事に向き合う後ろから、

「タマには休みなよ。」

「残業多いとマズいんだよネー。」

と、上司から激励をいただきながら、更に急いでノルマをこなすよう、自分なりには日々努力していたつもりでいました。

 

そんな中での毎日の朝礼には、イラつきしか抱くことができませんでした。

職場には、私とはちがい、

 

・ゆったりと時間が経過するのを待つ。

・チャイムが鳴ったら帰る。

といった、公家のようなポジションと役割の人もいます。

 

「この書類を、今すぐ持って行かなきゃ!」

「今すぐメール返信しないと、ヤバい!」

そんな業務の中での朝礼を、私は無くしてしまおうと思ったのです。

 

そこで、周りの人に

「朝礼って、意味なくない? やめてもよくない?」

と、声をかける活動を始めてみました。

 

そこで起きたことは、

 

誰も賛同する人がいなかった!

 

ということでした。

 

朝礼に違和感を持つ人はおらず、

むしろ、そんなことを言う私に対して、違和感を持つ人しか、見つけれなかったのでした。

そんなワケで、この作戦は、カンタンに幕を閉じたのでした。

 

第2段階 読み方が不安だったり、忘れやすい人への思いやりタイム、と思うようにした。

この無意味にしか思えない朝礼にたいして、

「どうしたら納得のいく理由がつけれるのか?」

ということを考えるようになりました。

 

単純に、目の前のパソコンの文字を読み上げるのを聞く時間。

これを、

「名前などの漢字の読み方が不安な人や、忘れっぽい人のために、親切に朗読している。」

という、優しさのある『思いやりタイム』と、考えるようにしました。

この理由ならば、何となく納得できそうですよね。

人にも優しくなれます。

 

しかし、

実は、これだけでは解決できないことも、ありました。

 

「〇〇さんは、これから外出して、△△に行きます。」

という読み合わせの直後に、〇〇さんが『では、いってきまーす。』と、外出すると、

「〇〇さん、どこに行ったんだろうね。」

などという会話を、よく耳にするのです。

これを『忘れっぽい』の一言で処理しようとしても、どうしてもモヤモヤしてしまいます。

 

そうです。

人によっては、朝礼だけではなく、Googleスケジュールも、意味を持たない環境なのでした。

スケジュールを確認しておらず、

朝礼も全く聞いていない人が、多そうなのでした。

 

そこで、また違う考え方を、私は探すことになりました。

 

第3段階 ニーズに応えてお金をもらう時間なんだネ。

今はここを一旦の落としどころにしています。

 

『一般的な企業が持つ理想や目的』。

 

『これを会社も職場の人たちも、きっと持っている』と思うことが、そもそものカンチガイだったのかもしれない。

そう思うようになってきたのです。

必ずしも、経営者は優秀な人材を求めているワケではない。

利益を追い求めているとは限らない。

社員の成長を望んでいるとは限らない。

仲間意識や仕事に対する愛情と情熱を、みんなが持っているワケでもない。

だから、どんなヘンテコリンな朝礼だろうと、それは就業時間内に行われる限りは、

静かにオーディエンスになることに徹する。

それが、ニーズなのかもしれない。

 

理由など探さずに、今求められているコレをするから、お金がもらえる。

お金のために、私は今、ここにいる。

 

こう考えてみたら、朝礼に対してのモヤモヤが、私は払拭することができました。

 

学んで良かった!

朝礼に対する、違和感やモヤモヤ。

そもそも、これを抱えている人は、私の周りにはいませんでした。

なので、この記事は、もしかしたら読んでくださる人の心には届かない、違和感しかないブログなのかもしれません。

 

でも、

私だけじゃない。

と、勝手に思っています。

 

納得のいかない不平等さや、理不尽さを感じて、モヤモヤしている人は、きっといるハズです。

 

書籍などから知識を得て学ぶことにより、いろいろな考え方や捉え方、対処法を知ることができます。

学ばずにいたら、この考え方は生まれなかったかもしれないし、

モヤモヤのその先には、絶望しかなかったかもしれない。

 

今は、自分というものを大切に思えるし、自分の時間というものを、とても尊いものに感じます。

これから先に、夢を持つことができました。

『今眠る者は夢を見る。今勉強する者は夢を叶える』

ハーバード大学の図書館にあると言われる、有名な落書きです。

もっと学びを深めていきたいです。

 

今年の私の目標のひとつに、『1か月に1回は有給を取る!』というものがあります。

 

まだ今月はそれは達成できていませんが、笑

勇気をだして! 有給を取って! 読書をしてみませんか?

何かが少し変わるかも!

 

しれません。

 

自分の人生と心を一番大切に!

ともにがんばっていきましょうネ。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた!

あっこでした。

 

⇒関連記事

副業制度を導入する企業が増えてきています。準備はOKですか?

私は電子書籍を出版しているサラリーマンです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ブロガーさんがゼロからつくる電子書籍!寄り添い応援する無料メルマガ】 電子書籍の制作出版の方法と、お役立ち関連情報を配信しています。

登録特典:Kindle本の制作出版ノウハウ(PDF)
良かったら登録してくださいネ。

あっこ@電子書籍
  • この記事を書いた人
あっこ

あっこ

主に、ビジネスや副業をがんばっている人のために、自力で電子書籍を制作出版するのを応援したり、 マネタイズに活かすための戦略やノウハウなどの情報を共有しています。 こちらのブログでは、コンテンツクリエイターになるために必要な情報や、有益な情報を共有させてもらっています。 少しでもお役立ちいただけたら嬉しいです。 AFP|FP2級|心理カウンセラー|スノボコーチ・インストラクター

-コラム(?), マインドセット, 副業
-, ,

© 2022 コンテンツクリエイターになるブログ Powered by AFFINGER5