コンテンツビジネス マインドセット 副業

月収100万円、過去に稼いでいた人は得してる?!

副業ブログの収益をもっと良くするために

特化型のkindle本出版をしたい人を応援している、あっこです。

「稼ぐための勉強が忙しいから、kindleなんて、ずっと先で良いデス!」

という人も応援してます。

 

100万円、過去に稼いだことのある人は、
得をしている?

過去に100万円って、稼いだことありますか?

私はあります。

飲み屋で働いていたことがあるから。

若い頃の話をするオバサンって、イヤですよね。笑

 

しかし、コンテンツビジネスの学びを初めてから、その時に学んだことがよくカブります。

そして最近思うこと。

 

「過去に100万稼いだ経験のある人は、得してるカモ。」

 

今回もあくまで私の偏った見解であること、ご了承願います。

「中年だから、若い人にはかなわない。やってみたいけど勇気ない。」

そんなオバサン仲間や、オジサン仲間のために、

少し勇気が出たり、参考になることがあったら嬉しいです。

「稼ぐ」ではなく、「売上」だったら、意外とみんなできている。

過去に、毎月100万円を稼いでいましたか?

と聞かれて、

「もちろん!」

と言う人は、少ないかもしれません。

しかし、

「稼ぐ」を「売り上げる」と置き換えてみると、結構多いのではないでしょうか?

100万円越えチェック

  • 総額300万円のブライダルプランを、毎月5組は契約していた。
  • 1日50人はお客様が来るラーメン屋。お客様の平均支払額は1,000円だった。
  • 販売営業で、200万円の自動車を2台は売り上げていた。
  • 15万円のアクセサリーを、10人には販売していた。

などなど、

「実際に自分がもらえるお金」

ではなく、

「お客さまが、実際に払うお金」

で考えると、

意外と多くの人が該当すると考えます。

直接お客様とコミュニケーションを取っていた。

意外とコレも、満たしている人が、多いのではないでしょうか?

商品やサービスを、自分とのコミュニケーションで、購入してもらっていた人。

比較対象は、コンテンツマーケティング。

これを前提とさせてもらいます。

 

共通している学び

日々の学びの中で、過去にしてきたことや実践していたことが、カブるときがあります。

 

「これ、めっちゃ頑張ってたヤツだー!」

「これが苦手で、よく注意されてたヤツ。」

 

そういったことがあります。

 

「わかるー!!」

 

と思ってくれる人がいたら嬉しいです。

そんな事柄について、共有させていただきますネ。

 

顧客管理

今の時代は、「リスト」と言うんですね。

古い私は、独自の「顧客帳簿」を持っていました。

しかも、昔だから、本当の紙の帳簿で管理していました。笑

 

顧客の誕生日や職業、趣味、家族構成、収入、休日、性格、来店日時と使った金額、何を注文したのか、プレゼントしてもらったもの、などなど、

徹底的に記録して、管理していました。

 

車の営業の仕事をしていた人も、同じように顧客管理をしていたハズです。

 

どのようなビジネスでも、お客様が本当に一番大切なものなんですね。

 

自分を磨く

コンテンツマーケティングを真剣にしている、スゴい方たちは、本当にすさまじく、強烈に学びますよね。

取り込む情報量もスゴいし、

その吸収力と、それをすぐに自分用にカスタマイズして発信する。

 

何なんだろう本当に。あの人たちは?

スゴすぎますよネ。笑

 

とにかく、自己成長を強烈に継続して、自己研磨がとまりません。

 

今となっては信じられないコトですが、

当時は、私も自分磨きをモーレツにしていました。

 

エステに通い、容姿には常に注意を払い、

お客様の好きな会話のために、新聞を読み、情報を調べて、ニュースもチェックしていました。

携帯も個人のものとは別で、2台運用していました。

もちろんガラケーです。

 

ちょっと上質な洋服を販売するお店で働いていた人は、

きっと一生懸命、オシャレを学んで、会話力も鍛えていたハズです。

オシャレなお店に、ダサい人はいないからです。

みんなが自己成長に日々努めていることが、よくわかります。

 

販売スキル

インターネットでコンテンツを販売するためのスキルは、その性質上、

お客様との直接の対話というものは、

「見てみたい!」

と、どんなに思っても、ナカナカ見ることは、叶わないものでもありますよネ。

 

そもそも、直接交渉というもの自体が、全くない状態でも、収益を上げている方たちも、多くいるハズです。

 

成功している人たちの発信する、テキストコンテンツや、動画コンテンツ、音声コンテンツなどから、販売スキルは、私たちも、日々見て知ることができますね。

 

ネットならではのテクニックや、ノウハウはありますが、基本的な販売営業の考え方とスキルは、リアルと共通することが非常に多いと感じています。

 

住宅を販売するために、あの手この手で、磨いたスキルとテクニックをフルに活かして、お客様に信頼してもらい、安心して購入してもらった経験のある人もいますよね!

 

それを活かせば、得してる人になる!

このように、内容やジャンルがちがうために、

本当はできていることなのに、それに気づけていない人って、多いのでは?

と、考えています。

 

過去に100万円を売り上げたことのある人は、得をしてるんだと思います。

得意かもしれない

・教育

・販売

この部分は、本当は得意なのかもしれない。

ただ、内容とやり方を置き換えるだけ。

それだけで、今まで感じていたはずの、難しさやハードルの高さといった、マインドブロックが、ひょっとしたら外れるかもしれません。

オジサンとオバサンのメリット・デメリット

以下は「みんながそう」というものではなく、「これが当てはまる人が多そう」という、あくまでイメージですのでご了承くださいネ。ご参考になれば幸いです。

中年のメリット

・顧客管理を理解していて、経験実績がある。

・交渉やフォローの仕方も知っている。

・実際に大きな金額の動きを経験済。そこはハードルにならないハズ。

・子供が巣立って行くなどして、自由な時間が多い。

・今まで務めてきた分、経済的にもゆとりがある。

 

中年のデメリット

・パソコン操作が苦手。

・新しい情報や、ツールの理解が難しい。

・あまりムリをする体力はない。

デメリットについては、中年、というより、むしろ自分のことを列挙してみました。

若者のメリット・デメリット

こちらもあくまでイメージです。

学生さんや、若いママさんなど、就業経験があまりない若い方について。

若者のメリット

・体力がある。

・新しいツールでも即対応できる。

・学んで活かすことが短時間でできて、記憶も残る。

 

若者デメリット

・お客様との直接の販売経験がない。

・自由な時間が少ない。

・経済的なゆとりがない。

比較して考えてみると、ますます得しているかも?!

そんな気持ちになってきませんか?

 

省略できるものがあるだけ、新しいことに注力できる。

社会経験が全くない人や、日々の生活が忙しくて時間がない人と比較して、

今までに、いろいろなことを頑張ってきて、役目を果たし、落ち着いた期間に突入している人には、

得していることや、習得済のことが多くあります。

 

その使い方やフィールドはちがっても、

過去の努力が活かされるハズです。

 

そして、今だからこそ作れるものが、きっとあります。

 

そこから生まれたコンテンツに、価値を感じる人も、きっと現れると信じています。

 

「オバサンだし、どうしよう。。」

と、自分の年齢を『あきらめるための理由』にしていたら、むしろ自分に失礼でもありますよネ。

 

また、パソコン設定やツールなどの、苦手なことに関しては、

「外注依頼」

という選択肢もあります。

 

こう考えてみると、

「やってみたいナ!」

という気持ちがもしもあるのなら、

チャレンジしない理由を探す方が、むしろ困難に思えてきます。

 

そこには新しい情報にいつも出会える、刺激的で楽しい毎日が待っているかもしれません。

ともに頑張っていきませんか?

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた!

あっこでした。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ブロガーさんがゼロからつくる電子書籍!寄り添い応援する無料メルマガ】 電子書籍の制作出版の方法と、お役立ち関連情報を配信しています。

登録特典:Kindle本の制作出版ノウハウ(PDF)
良かったら登録してくださいネ。

あっこ@電子書籍
  • この記事を書いた人
あっこ

あっこ

主に、ビジネスや副業をがんばっている人のために、自力で電子書籍を制作出版するのを応援したり、 マネタイズに活かすための戦略やノウハウなどの情報を共有しています。 こちらのブログでは、コンテンツクリエイターになるために必要な情報や、有益な情報を共有させてもらっています。 少しでもお役立ちいただけたら嬉しいです。 AFP|FP2級|心理カウンセラー|スノボコーチ・インストラクター

-コンテンツビジネス, マインドセット, 副業
-, ,

© 2022 コンテンツクリエイターになるブログ Powered by AFFINGER5